ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.03.26 Saturday

お詫び。

先日開催されるはずでありました、トーキョーワンダーウォール受賞作品展ですが、今回の東北関東大震災の影響で延期および中止の運びとなっておりました。
ご連絡遅くなり大変申し訳ありません。

またホームページの更新についても私の諸事情により新規の情報が提供できておりません。
いましばらくお待ち下さいませ。

阿部 乳坊

2011.03.21 Monday

もう少し具体的に。

もうすこし具体的にせねばと思います。

最近は情熱大陸に夢中です。

情熱大陸に出てくる人たちはなんだか夢とか、現実とかとにかく具体的。

つまり、社会と戦っているのですね。そうこの世界にいるんです。同じもの食べてるんです。見てるんです。つまり、あなたに出会っているんですね。あなたを想像しているんですね。すごいよ。

上とか横とかは、素人、玄人、見せる人、見せたいひとを限定していくのはいいことだとおもいます。

僕は宮崎駿さんの言葉を思い出しました。「僕の姪っ子」に見せたいものを作る。
佐野元春さんも言っていました。音楽で社会は変えれないかもしれない。でも一人の人間は変えれるだろう。
きっと佐野さんが音楽で変われた一人だからかもしれません。

そうです。あなたなんす。見せたい人。超個人的なんす。いつか、明日、明後日、1年後、10年後、いつになるかはわかりませんが、あなたを変えれるような、あなたの人生を変えれるような人間になりたいと思いました。

まだまだ、これから、まだまだ白状で中途半端。でもそろそろ一つの形、一つの生き方を表現できたらと思います。

とここまで書きましたがぜんぜん具体的ではありませんね。。。

最近また少し己を知ることができました。なんだか漠然とした思いですが、確かに僕は変わってきています。日々変わり続ける人々がいるとしたら、世界にはどんだけの人が存在しているのでしょうか。僕が生きている間に僕は何回変わっていっているのでしょうか。その生きている瞬間、瞬間を野暮ったく記録していく、無知な希望を押しとどめていく、僕はここにいるよって、大きな声で叫ぶ。

どうか忘れないで、そんな希望。あなたに言って欲しい、あなたはここにいるよ。どうか私のことも忘れないで。

そうです、最近の展示で伝えようと思っていた言葉を置いていこうと思います。

僕は木を用いて自刻像の制作をしています。木は人間に近い素材と考えています。
その自刻像は手が長かったり、不安定な所に立っていたり、顔が二つあったりと様々です。
そんな私自身の一片は時間とともに移り行く生活と経験と違う意見、違う宗教、違う性別、違う好み、違う人種、違う言語、様々な”違い”との出会いの中から見出されます。
”違うということ”が僕の世界を広げ、またその"違い”を飛び越えたり、長い手でつなげていこうと思います。

阿部乳坊でした。

今回の震災で亡くなられたかたに、心から、想像力を最大限にしてご冥福をお祈り致します。そしてご家族、兄弟、恋人、親戚、大切な方を亡くされた方に。どうかどうか、よりはやく日常というかったるくて、呑気で、平凡な日々が帰ってきますように。
2011.03.20 Sunday

We don't give up!! あきらめませんよ!!!

We will make more good Japan!!! Thanks!!!





2010.12.13 Monday

阿部 乳坊 個展 Abe Nyubo solo show 2010-2011 滞在制作します!!

阿部 乳坊 個展 Abe Nyubo solo show 2010-2011
カポ、金沢、日本での滞在。:sojourn in Kapo,Kanazawa,Japan.



期間:2010年12月18日〜2011年1月23日

会場:Kapo 920-0932 石川県 金沢市 小将町 1-11 山越サンアートビル内

開場時間:12月18日〜1月16日および1月22、23日>>11:00〜19:00
     12月20、21日および1月17〜21日>>15:00〜19:00
〈毎週土日は滞在しています。会期中、夕方17:00以降はほとんど滞在している予定です。急遽予定が変更になることがございます。あらかじめご了承下さい。〉

休館日:2010年12月22、24、2011年1月6、7、11、12

滞在制作期間:2010年12月25日から2011年1月22日まで。作品は完成次第随時展示していく。

搬入日:2010年12月18、19日 両日とも9:00より見学可能です。

搬出日:2011年1月23日16:00から搬出開始。

オープニングレセプション:2010年12月23日18:00〜20:00 ドリンクのみ別途

クロージングレセプション:2011年01月22日18:00〜20:00 ドリンクのみ別途

年越しソージュアン。:2010年12月31日〜2011年1月1日 
 Kapoにて年越しを行う。参加者はコタツをかこみ、来年度の抱負等を発表し新年を健やかに向かえ討つ。年越しそうめんを食べる。

木材搬入郡行:2010年12月23日10:00から美大をスタート。
金沢美大から滞在制作中に使用する木材を人力でKapoまで搬入。〈金沢美大の屈強な男子がフンドシをしめ、御神輿の要領で移動する〉約一時間ほどの行脚を予定しています。






フライヤーダウンロードはこちらから

われわれはどこへ行くのか?ー阿部乳坊が”本当”のことを見つめるべく年を越す、滞在制作展。

カポ、金沢、日本での滞在。


”本当”のこと。それはなんですか?本当、真実、真理、ってなあに?資本主義後期のこの世界で情報は大切な資源であるそうだ。たくさんの情報が溢れている中で、僕らは動けなくなる。だってそうでしょ。いろんな方々が僕にあっちに行きなさい!こっちに来なさい!とおっしゃるんですもの。どこに向かうべきなのかわからなくなる!そういうトウキョウ砂漠みたいな環境、時代に置かれたときには、自分を見つめ、自分で確かめ、自分で考え、自分で行動し、自分で答えを導きだすしか無いのかもしれない。
それはつまり、なにもみんなで同じ方向を見なくてもいいということではないだろうか。みんな別々の方向に向かって進んでいいということではないだろうか。そしてそこで大切なのはその過程で生み出される熱量なのかもしれない。ってこれはわかりきったことなのかな。もしかして。
たぶんきっと”本当”なんて銀河系の数程あるのです。

そして"本当”の見つけ方。今いるここに留まってみたらどうだろうか。流れの表層を漂うのではなく、そこで立ち止まり、ほんの少しの間でも潜ること。できるならより深く、よりもがくこと。そこで生活すること。つまり働いて、ご飯を食べること。そこで滞在すること。どこ?そこって?ここです、ここ。僕にとっては今、このKapoで滞在し、制作し、あなたと出会うこと。そこで僕が見るものはあなたにとっての”本当”とは限らない。あなたがあなた自身で潜って、もがいてこそ”本当”はひょっこりあなたの前に現れるのではないだろうか?それは僕の”本当”ではないし、誰かの”本当”でもなく、あなたの”本当”として。たとえそれが根拠の見えない、でたらめな”本当”であったとしても。

Kapoにて滞在製作とともに、展示を約一ヶ月ほど開催致します。今在る”阿部乳坊”をご覧頂ければ幸いに思います。お近くにお越しの際はぜひともお立ち寄り下さい。

文・阿部 乳坊  編・坂井田 武志〈金沢美術工芸大学大学院博士後期課程美術科彫刻領域在籍〉



Where are we going?-Abe Nyubo is working to observe his "Truth" as he sees the old year out.

sojourn in Kapo,Kanazawa,Japan.

“Truth”,what is it? What’s a certain Reality or a Fact or a Truth? People say,informations are supposed to be significant resources in this late capitalism.We can not budge an inch in the rivers of information,can we? Lots of people and conductors say that we should turn and go to another direction or accompany by them.We totally lost the right way.When your condition is like stand alone in the stream of informations,it’s pretty likely that you should focus yourself,ensure yourself,act yourself and conduct yourself with your own conception.

In summary we don’t have to look toward the same direction,we’re allow to step forward individually.And what is important might be calories produced during the processes.It needs no explanation,doesn’t it?Was that ,there might be several galactic “Truth”.

And let’s talk about the method to find your “Truth”.I just say,why don’t you stay here?Not to drift on the surface in the rivers,but to stay there and dive into a little bit deeper,as deep as you can with struggling.I mean,to work and eat and stay there,this is it.And another question would be ,where is the certain place named there?

Definitely here. Here means ,right now in Kapo , Kanazawa and deep in Japan for me.The view I suppose to grasp might not to be your “Truth”.Only with your own diving and struggling,your “ Truth” would pop in front of you.That is not my “Truth” and not also someone’s, but yours.Even if it’s the absurd and crappy “Truth”.

In Kapo in Kanazawa,I’m going to stay and work and exhibit for a month.I’ll be really glad if you enjoy the current “Abe Nyubo” .Please drop by when you are in the neighborhood.

statement by Abe Nyubo /edit by Sakaida Takeshi (Doctor course of Sculpture in Kanazawa college of art)



阿部乳坊

1982年 新潟県上越市生まれ
2007年 金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻卒業
現在茨城県取手市、石川県金沢市にて制作、活動中

滞在制作
2009年 台北国際藝術村にて滞在制作。トーキョーワンダーサイトより《二国間交流事業プログラム(派遣)》
個展
2009年 「FLY FORMOSA」 台北国際藝術村、台新銀行/台北、台湾

グループ展
2010年  「拝借景的宴」寺田邸/取手、日本
     「2010臺灣國際木雕競賽 得獎曁入選作品展」 三義木雕博物館/台湾
       「トーキョーワンダーウォール公募2010入選作品展 立体・インスタレーション作品部門」 東京都現代美術館/日本
     「改借景」 寺田邸/取手、日本
2007年「Dis-Communication」 Sungkuk Art Museum/ソウル、韓国



Abe Nyubo

1982 Born in Nigata, Japan
2007 Graduated from Diploma in Fine Arts, Major in Sculpture, Kanazawa College of Art in Japan 
Lives and works in Toride & Ibaraki,Japan.

Residenceies

2009 Taipei Artist Village, Taipei, Taiwan [3 month]

Solo exhibitions

2009 "FLY FORMOSA" , Taipei Artist Village / Taishin bank, Taipei, Taiwan

Group exhibitions

2010 "Thank you for renting this house,Banquet!",Toride, Japan

   "2010 TAIWAN INTERNATIONAL WOOD SCULPTURE COMPETITION" , Sanyi Wood Sculpture Museum,Taiwan

    "TOKYO WONDER WALL 2010" , Museum of Contemporary Art Tokyo, Japan

   "Kaisyakkei" , Toride, Japan
2007 "Dis-communication", Sungkok Art Museum, Seoul, Korea



sojourn : 滞在、特に短期滞在のことをいう。


Translator Yoshiwara Salome






2010.10.20 Wednesday

拝借景的宴のお知らせ。



今月10月23日より茨城県取手市にてグループ展が開催され、参加します!
現在急ピッチで製作しております。今回は屋根の上に作品を展示する予定です。小さな作品も展示します。
お時間ありましたらぜひとも拝借景、寺田邸にお越し下さいませ!!よろしくお願いします!!


拝借景的宴
Thank you for renting this house,Banquet!


会期:10月23日(土)〜11月14日(日)の
   10月23・24・30・31日/11月3・6・7・13・14日
時間:11:00〜19:00
会場:寺田邸 茨城県取手市井野 1-8-1 拝借景
お問い合わせ:haisyakkei@gmail.com

参加作家27名:
青木 意芽滋・阿部 乳坊・市川 淳・上田 剛・大塩 博子
大西 利佳・木村 泰平・桐生 眞輔・郷治 竜之介・坂井田 武志
佐々木 成美・下西 進・武内 優記・竹久 万里子・崔 允美
中村 研一・額賀 苑子・原 智気・原 美湖・橋本 拓也
藤林 悠・松下 徹・松渕 得雅・峯 靖晃・森岡 慎也
山内 祈信・若菜 馨

開催イベント:
開催的宴10月23日(土)18:00〜
韓国的宴10月30日(土)18:00〜
広島的宴11月06日(土)18:00〜
金沢的宴11月13日(土)18:00〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝啓

金木犀の香りがほのかに漂う季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

「拝借景」の誕生から約1年。
展覧会や企画、日常の日々を通して、
この「寺田邸」を訪れてくれた方々との出会いは素敵な宝物となりました。
そもそも拝借景の成り立ちと継続は、
そんな多くの方々との出会いや「宴」があったからかもしれません。

ボクらはまとまりのない集合体。であるがゆえの共同体です。

本展は、そんなボクらが「宴」の席で語り合った
それぞれの言葉や想いが作品となって「宴」をはじめます。
取手という辺境ではございますが、
みなさまにお会いできる事を楽しみにしております。
どうぞお越しくださいませ。

敬具

2010年10月吉日

じょうあつ(青木 意芽滋)



Dear Sirs,

It is a time of the fragrant Olives to start blooming, and we hope that everyone is enjoying the autumn.

It has been about a year since "Haisyakkei" was established in Toride.
We met so many people in this "Terada residence" through our exhibition, and also through our everyday life.
And now, those opportunities we had became special treasure for us.
Because we imagine that we could not keep continue our activities as "Haisyakkei" without those encounters
and many "banquets" we had with them.

We are not united aggregate, but a community.

In this exhibition, we tried to express our words and feelings, that we had from those special times, through our works.
I would very much appreciate if you could come to see us and see our works all the way to Toride.

Yours truly,

Oct - an auspicious day,2010

JYOUATSU - Aoki Imeji
Powered by
30days Album